TOPページ初めての方良くある質問ご注文ページ支払い方法お客様の声洗いのフロー石鹸

カビでお困りの方・・・必見!!


カビ・・1晩お使い頂ければ
カビ・・一目瞭然
カビ・・コップ一杯分の水が
カビ・・そうなんですカビ発生


カビが当然発生します

クッションフロアー、フローリング
に直接敷いたら必ずカビ生えますよ。
根本的な改善策が必要です。


ご注文は 

「快適商品のページ」 
からお買い求め下さい。

このようなメールやり取り多いですね!!

黒く点々とカビ 取れるでしょうか?
 ↓
カビの部分を両手でつまみ引っ張ってみて頂けませんでしょうか?
破れませんか?進行しますと指で押すだけで穴があきます。
洗濯時、濡れると生地が弱くなります、脱水時に弱くなっているところから
破れる可能性もございます。
カビの汚れが付いたのではなく繊維が菌に侵食された跡ですので、
カビの斑点完全には取れません。

洗濯の効果は湿気、汚れが落ちて進行が止まりカビの斑点は薄くなります。
またクリーニング後は基本的な解決策が必要と思います。
吸湿発散性の少ない素材の上に敷いておりませんでしょうか?
ここを改善致しませんとまたカビが発生すると思います。

 ◆布団の丸洗いはカビの進行にストップはかけられますが・・・。
 ◆この商品、床に直接布団敷く方にはどうやら必需品。(カビ対策に価値あり)
 ◆帝人ファイバーさん(社名変わりましたが商品は同じです)のページ参考にご覧ください
http://www.teijinfiber.com/

 ご注文は→←今すぐクリック
カビ吸湿快適マット・帝人ファイバーさんのページ参考にご覧ください→http://www.teijinfiber.com/

カビと言えば以前は押入れの布団が結露でカビたってことは良くありました。
今のカビは昔と違う状況から生じているようです。住環境が様変わりしました、その一番は畳が無くなった事です。
その代わりはフローリング、クッションフロアーですね、実はこれらの素材の上に直接布団を敷いてお休みの方が実に多いことが分かります。

カーペット敷いたぐらいでは汗は吸収されません、敷布団も以前の綿布団から化繊や薄い羊毛等に代わりました。
余計に吸収してくれない状況です、これでは汗で床の上、敷布団の下はべチャべチャ汗だらけです。
敷きっ放しですと直ぐにカビが発生します。

何故ならカビ発生の三要素が揃うからです。水分→汗 温度→体温、養分→フケなどの角質皮脂汗の成分
蛋白質、塩素尿素 など一瞬で発生します。
一番良いのはスプリングベットを利用することです。
何れ吸湿発散性のあるものを利用しなければ洗ってカビを止めても又発生します。

基本的に考え直して頂きませんとまた発生します。

ご理解頂けましたでしょうか?カビは何が汚れが付いたのではないこと。
カビの菌糸が布団の繊維組織レベルで発生し繊維そのものを侵食した跡だと言うことを。

取り返しが付かなくなる前に畳やベット、吸湿マットなどのご利用をお勧め致します。
通販月間5000本の人気商品!
 
ロール型 スタンド型 ロールタイプの品質表示 天然木「桐」 通気性が大改善

 ご注文は→割引価格で←今すぐクリック

TOPページ初めての方良くある質問ご注文ページ支払い方法お客様の声洗いのフロー石鹸